簡単に借りられるキャッシング




キャッシング前の心得

キャッシング・・・

まだ一度も借りたことのない人にしてみれば、「キャッシング」を利用するという行為はどうにも抵抗があり、なかなか踏み切れるモノではないですよね?

もちろん、借りる必要が無ければ借りないに越したことは無いのかも知れませんが・・・

少し前まではお金を借りることを社会全般で避けているようなイメージがあったことも、抵抗感がある理由の一つのような気がします。





ところが、最近は、各社のイメージアップ戦略、可愛いキャラクターや有名人を積極的に起用したコマーシャル効果もあり、キャッシングは身近な存在になってきました。

借りる方法、借りるまでの時間に関しても、一昔では考えられないぐらい簡単になっています。

自宅のインターネットでキャッシングができてしまう時代にもなっているっていうのもびっくりですよね?

ただし、誰でもキャッシングができるのか?と言うと必ずしもそうではありません・・

キャッシングを受けることができる方法としては、審査を受けて合格する必要があります。

審査では、

@利用履歴の確認

A他社から融資を受けているか

B過去利用時の延滞は無いか

C多重債務状態に無いか

を見ますが、初めての人はその心配は無く、審査は意外と簡単に通ります。

また、いざ申し込みをしてみると手軽に手続きができると感じるでしょう。

ただし、手軽に借りることができると言って段々キャッシングに慣れてくると、自分自身のお金と借りたお金の境界線が曖昧になって借りすぎてしまうということもあります。

線引きはしっかり行ってくださいね!

「キャッシングを行う前の心得」は本当に重要です。


| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主婦や学生の簡単キャッシング




主婦や学生の簡単キャッシング

最近、主婦(女性)、または学生向けのキャッシング商品が増加傾向にあるようです。

ちょっと前までは、サラリーマン金融(サラ金)などと言いサラリーマンを対象としていたものが多かったのですが,それももう過去の話になってしまっています。

キャッシングにおける審査に関して言えば、どなたが対象でも楽になっています。

例えば、専業主婦でキャッシングをしたいならば、配偶者の給与明細や源泉徴収書を収入証明にして簡単にキャッシングを利用できちゃいます。

最近では女性専用キャッシングとして、スタッフは全て女性のレディスローンを扱う会社も増えているようですので、主婦の方が入りにくいと思われていた店の雰囲気もますます良くなってまいりました。





ただし、女性向け、学生向けのキャッシングは金利が高くなりがちなので、よく調べることをお薦めします。

必ずやっておきたいのは、複数社の条件を比較し、低金利のところを探すことです。

これは本当にキャッシングをする上での「絶対条件」だと思いますので、ご確認を!

また、会社によっては主婦、学生向けにはキャッシングサービスをやっていないところもありますので、電話や店頭でキャッシングを申し込む場合、主婦でも利用可能か確認してみましょう。

キャッシングの申し込みそのものはさほど難しくはありませんし、窓口での申し込みなら、必要書類の記入について等質問すれば丁寧に対応してもらえます。

さらに、審査自体も返済能力を見るものですから、収入(主婦の方は配偶者の収入)が安定しており人物像に問題がなければ、無碍には断られません。

ただし、申込時審査が簡単に通ってしまう現実があると、誘惑の罠に陥りがちです。

借りる際には返済計画を立て、必ず実行するようにしましょう!

また、最近は学生向けのキャッシング商品も出ており、20歳以上の学生を対象とした学生キャッシングがあります。

この商品もよく考えられておりますので、何度もいいますが、いくらでも借りることができてしまうという錯覚から始まる誘惑の罠にはくれぐれもご注意を・・・

学生キャッシングの中身ですが、借入金は社会人になってから返済し、学生の時は金利だけの返済が認められているという仕組みを採用しているところがあるようです。

身分証明に必要なものは学生証や国民健康保険などとなりますので、本当に簡単に借りられてしまう環境が揃ってしまっています。

何度もいいますが、返済計画を立て、甘い誘惑に負けないようにしてください!

本当にこれは、これから初めて借りる方への「絶対条件」です!!


| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャッシングの借り入れ審査、何をする?




キャッシングの借り入れ審査について

基本的に簡素化されつつあり、イメージも悪くはなくなってきている消費者金融の融資ですが、各社「審査」は必ず必要となります。

簡単にお金を借り入れすることができると宣伝しているキャッシングでも、もちろん例外ではありません。

では、実際の審査基準、審査はどのようなことが見られているのでしょうか?

気になりますよね?

まず、借り入れ審査に絶対に通らない人のお話をします。

@過去に延滞の前歴があり信用情報会社に記録されている人

A現時点で複数のキャッシングを利用している人


この2項目に該当する方は残念ながら基本的に審査に通りません。

もしかしたら、どこかに引受会社があるかもしれませんが、基本的には難しいと言えます。

逆にいいますと、それ以外の方はある程度は大丈夫だと言えます。

ただ、「ある程度」と言いますのは、

・電話料金や公共料金の延納履歴のある人

の場合は、審査に通りにくいことがあるようですのでご確認をお願い致します。

ガス代、水道代などが払えていない(延納)と、返済能力に問題があると見なされることがあるようです。。。





また、主婦の場合は、前にも記述いたしましたが、本人が無職でも配偶者に一定所得があれば借り入れ審査は大体通ります。

ただし、融資をする消費者金融会社によって、審査の内容や基準は違う箇所があり、同じ条件で同じ金額の借り入れを申し込んでも、片方の会社は審査に簡単に通ったのに、もう片方から断られるということもあります。

一度断らせてもそれで諦めてしまわず、何社か回れば、条件の合うところが見つかることがあると言うことを頭の中に入れておくこと、がうまく借り入れができる方法でもあります。

借り入れ審査では職場に在籍確認をする会社があったり、顔写真つきの免許証かクレジットカードの写しが無いと審査に通らないところもありますので、自分にあった審査基準を探した上で借り入れ依頼を行うことが重要です。

特に職場に電話をするか否かに関しては、とっても重要なことだと思われますので事前によくご確認されることをお勧めいたします。



| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簡単にインターネットでキャッシング??




簡単なインターネットでのキャッシング

最近、自宅にいながらインターネットで行うことができるキャッシングサービスが増えているようです。

ネットキャッシングでお金を借りると誰とも会わずに申し込みをすることができますし、比較サイトがたくさんありますのでネットキャッシングに関する情報収集もその場で焦らずにできたりします。

また、インターネット内には年齢や性別、勤続年数などの大まかなプロフィールを入力することで限度額の簡易計算をするサービスや、完済プランを提案する機能もありますので、借りたお金を完済するまでの利息や返済プランの予想もその場でできたりもします。

もちろん、店頭へ行かれる場合も前述のサイトは大いに役に立つと思いますので、ぜひ活用されることをお薦めいたします。





さらに、賢い借り方やまめ知識、審査の基準などを色々と説明するサイトもありますので、ぜひ探してみてくださいね。

ネットキャッシングを取り巻く環境としては、24時間年中無休で融資の申し込みを受け付けており、審査スピードの早さを売りにしている会社に申し込めば、即日融資も可能となっています。

ただし、楽に申し込みができると言う手軽さからどんどん借り入れていると、返済すべきお金が工面できなくなりかねません。

あくまでも自己管理が最重要だと思いますので、借りすぎず、キャッシング利用時には返済計画をしっかりと立てましょう。

自己管理、本当に大切です。


| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャッシング利用時の注意点(低金利の目安)




簡単すぎるキャッシングの注意点

お金を借りる為には、少しでも金利の低い金融会社でキャッシングを利用しようとする方が殆どだと思います。

この頃は私たちを取り巻く環境がますます整い、インターネット上で金融会社の限度額や金利を比較するページも増え、たくさんの情報を見比べることができるようになりました。

ただし、少しでも低金利で条件のいい金融商品を探している消費者をターゲットに据えたヤミ金融と言われる様な所も少なからず存在しているのが現状です。

驚きの低金利、といった売り文句で消費者の関心を引き、結果的にはあの手この手で高金利でお金を貸し付けようとしたりします。

中には、公告を出しておきながら自分たちとは全く関係のない金融会社を紹介し、仲介手数料だけを取ろうとしたりするところもあるようです。

良く見かけるのはパチンコ雑誌や成人向け雑誌に掲載されている広告で、低金利でどんな人でも借りることが可能といった、各種のキャッシング商品が載っています。

ですが、あまりにも安すぎる金利の商品には注意が必要です。





簡単にキャッシング利用ができるとはいっても、無担保型のキャッシングで金利が「6%」が限度だと言われています。

地方銀行のキャッシング商品でもないにも関わらずその低金利は、何かしらからくりがあるかもしれません。

中にはもっともらしい理由を作って低金利の理由を説明するかもしれませんが、うまい言葉に簡単に騙されないように注意が必要です。

金融庁のホームページからキャッシング登録業者の確認ができますので、正規の金融会社かまずはチェックするなどの自己防衛が必要です。

そしていざ借りることになったら、借りすぎに注意し、無理の無い返済計画を立てましょう!


| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主婦キャッシングの心得とレディスキャッシングの中身




主婦キャッシングの心得

近所づきあいや遊ぶための資金、子どもの入学資金や教育費、あるいは家族にトラブルが起きた時の入院費などの色々な理由で、消費者金融に足を伸ばさざるを得ない状況になる場合もあるかと思います。

現在では、パートタイマーや専業主婦でもキャッシングを利用することは難しくなくなっています。

レディスキャッシングは女性専用のキャッシングサービスで、定職についていない主婦でも問題なく利用が可能です。

女性のスタッフで電話応対や申し込み受付、相談などを受ける仕組みにしてあることが、レディスキャッシングの特色で、主婦としての立場なども理解してもらいやすかったりもするようです。

また、審査基準も一般的な金融商品より女性寄りで、通りやすくなっています。





商品によっては、その日のうちに融資が可能なスピード審査や、金利面での優遇措置のあるものも存在します。

ただし、可能なら銀行などのカードローンや一般のキャッシングローンの方が低金利で済みますので、よくご確認されてからキャッシング先を選ぶことをお薦めいたします。

キャッシング利用自体は決して悪いことではなく、むしろ賢く使うことが大事です。

いざ、借りる時は、

@自分なりの限度額を決め、返済可能な範囲でのみお金を借りる

A今後の生活費から返済が可能なのか計算をしてみる

B節約生活を送ることに耐えることができるか

をよく考えてからがいいでしょう。

確実性の薄い、例えばギャンブルなどでお金を作ろうと思っているならば、キャッシング使用そのものを考え直すべきです。

もちろん、よく陥りがちな他社から借りるという発想もやめましょう。

返済が遅れた時の延滞金は、予想外に大きいものです。

返済督促の電話が来る事態になることは絶対に避けるべきでしょう。

以上を踏まえた上で無理なくご利用されることを、最後にもう一度ご自身にご確認してみてくださいね。


| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無職でもキャッシング融資を受ける方法




無職でもキャッシング

基本的にキャッシング融資は無担保で、保証人も必要としていません。

そのため、キャッシング各社は、仕事をしていない人の貸し倒れの危険性を重要視し、基本的には返済能力の見込めない無職の方の審査を通すことはほぼ皆無といえます。

ただし、無職の人へのキャッシングが存在しないわけではありません。

全く職を持たず全く収入がない状態では通る審査も通りませんが、上手に工夫をすることで無職キャッシング融資を受けられる可能性があります。

では、無職でもキャッシング融資を受けるとは・・・・?

基本的に、借りる側の立場から見た場合、定収入がある時より定収入がない時の方がキャッシングを必要としているからこそ、無職でも融資が受けられるキャッシング方法を模索する必要性があります。





そこで・・・

定職につかずともキャッシング会社から融資を受けたいならば、派遣会社に登録しましょう。

派遣会社に登録ができれば在籍確認は可能なので、キャッシングの審査に通りやすくなるようです。

また実際、派遣会社は面接に通りやすく、面接なしで簡単な説明だけで登録可能なところもあります。

最近はインターネットを利用することで、自宅にいながら派遣の登録申し込みもできるようになっています。

派遣会社への登録一つで信用度はぐんと変わるようですので、ご参考までに。。。

ただし、キャッシング会社によっては融資ができないところも存在していると思いますので、必ず事前に確認されることをお薦めいたします。

最後に・・・

キャッシング融資を受けるのであれば返すあてを作ってから!

これが大原則ですのでお忘れなく・・・


| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャッシングで破産手続きをする前にできること




キャッシングで破産手続きをしないために

借りたお金が返しきれず、破産を申し立てる人の話を耳にすることが、昔に比べ多くなってきたように思います。

ただし、気をつけなければならないのは、たとえその人が破産をしても、財産を全て失うわけではありませんが、同時にお金を貸した人たちに対して全ての返済義務が放棄されるわけではなく、所有している財産範囲での返済は行われることとなります。

このことを知らないと、破産手続きをすれば返済義務が放棄されると勘違いしてしまい、余計苦しい生活を強いられてしまうことも考えられます。





そこで、豆知識として・・・

借金を返すとどうしようもなく窮乏するような人は、特定調停を適用して債務を整理することができる例を紹介します。

収入の範囲では返しきれないキャッシングをした結果、貸し倒れ直前となってしまったという時は返済が可能になるよう、特定調停の手続きができます。

特定調停の申し立ては返済責任がある当該人にのみ認められており、基本的には他人が行ってはいけこととなっているようです。

※ただし、例外規定として弁護士や定められた研修を終えた司法書士が代理に立つことはできます。

特定調停で具体的にどのようなことができるのでしょうか?

例えば、これまでの返済総額を再計算し、利息制限法で定められた実質年利18%を超えた利息を支払っていた場合は、過払いを理由に返しすぎた利息に関しては戻してもらう等の調停が可能です。

本来、払う必要がない余分に払いすぎた利息を、元金に組み込んで充てることが可能なのです。

結果的に、金利の再計算をすることで利息額を大幅に軽減してもらうことができ、返済が楽になり、調停をしたことで破産を免れた人もいます。

それまでは破産するしかなかった人でも、この「特定債務等の調整促進のための特定調停に関する法律」によって、活路を見いだせるようになりました。

平成12年7月に施行された「特定債務等の調整促進のための特定調停に関する法律」は、裁判所を仲立ちにして破産前に対策を立てる法律です。

破産という奥の手を使うのは、本当にどうにもならない時だけです。

破産になる前に立ち直る方法をまず検討してみることが賢明です。



| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

借金(キャッシング)返済で期間を過ぎても時効が成立しない・・・どうする?




借金の消滅時効の援用

あまり無いことかも知れませんが、キャッシングの返済が時効期間に達した時のお話をします。

実は、キャッシングの返済が時効期間に達しても、そのままでは時効は成立しません。

時間の経過だけでは、時効とは見なされないようです。

では、どうしたら時効と見なされ、その効果を受けることができるのでしょうか?

時効によって発生する効果を受けるためには、キャッシング会社などに時効を通達し、返済の義務がなくなったことをはっきりせなければなりません。

貸した側へ主張することを「時効の援用」といいます。

時効成立は、借りた側が消滅時効を援用しない限り認められてはいないのです。

消滅時効に必要な期間が既に経っていても、貸した側の消費者金融会社などは支払いがされるならそれに越したことはないため、返済を求める電話や通達を借りた側へします。

この消費者金融からの催促に応えて支払を行った場合、消滅時効を喪失したことになり、時効が成立していない状況となる可能性がありますので注意が必要です。





キャッシング会社などに時効を通達する際は、内容証明郵便を使用されることを推奨いたします。

内容証明郵便は郵便物の送付記録がはっきり残りますので、これを使って消滅時効を援用します。

内容証明郵便とは、手紙の内容、日付、差出人、受渡人を郵便局に証明してもらう郵便物です。

借金の時効の権利を援用するためには、このようにして消滅時効のことを相手に対して証拠の残る書類で表明することが重要です。

借金(キャッシング)の時効期間が過ぎていても、こちら側からの証拠の残るアクションが必要ですので、イザと言う時の為の豆知識として覚えて置かれることをお薦めいたします。



| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

借金時効の相談をする相手、方法、知ってますか?




借金時効の相談をする相手

借金時効の問題は法律が絡み、また借金時効の中断や放棄などの規定も存在するため経験がないとわかりにくいところがあります。

相手方が強引に自説を通そうとした時、知識に自信がなかったために反論しきれなかったりした経験をされた方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

不安を残したまま時効の手配をするような時は、プロに助言を求めた方が絶対に確実だと思います。

どこに相談すべきかは、現時点で何を問題にしているかによります。





訴訟事や調停が必要な時は弁護士に、時効の援用で内容証明郵便を出したい時は行政書士に相談します。

交友範囲に弁護士、行政書士がいるならば、借金の時効について詳しく聞いてみても参考になるのではないでしょうか。

また、裁判にもつれこみそうな時や、借金の時効に関して困ったことが起きた時は弁護士の存在はきっと助けになります。

弁護士に依頼すると高くつくといったイメージや、頼みづらさもあるかと思いますが、電話での無料相談を受け付けているところもありますので、まずは問い合わせてみてはいかがでしょうか。

不備のない内容証明郵便を確実に作成したい時は、手探りで自分で作るより行政書士に依頼した方が間違いありません。

専門家の後ろ盾があるだけでも、相手側との借金時効の交渉にはかなり心強い助けとなります。

無料相談などを受けているところを探し、利用するといいでしょう。


| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。