借金(キャッシング)返済で期間を過ぎても時効が成立しない・・・どうする?




借金の消滅時効の援用

あまり無いことかも知れませんが、キャッシングの返済が時効期間に達した時のお話をします。

実は、キャッシングの返済が時効期間に達しても、そのままでは時効は成立しません。

時間の経過だけでは、時効とは見なされないようです。

では、どうしたら時効と見なされ、その効果を受けることができるのでしょうか?

時効によって発生する効果を受けるためには、キャッシング会社などに時効を通達し、返済の義務がなくなったことをはっきりせなければなりません。

貸した側へ主張することを「時効の援用」といいます。

時効成立は、借りた側が消滅時効を援用しない限り認められてはいないのです。

消滅時効に必要な期間が既に経っていても、貸した側の消費者金融会社などは支払いがされるならそれに越したことはないため、返済を求める電話や通達を借りた側へします。

この消費者金融からの催促に応えて支払を行った場合、消滅時効を喪失したことになり、時効が成立していない状況となる可能性がありますので注意が必要です。





キャッシング会社などに時効を通達する際は、内容証明郵便を使用されることを推奨いたします。

内容証明郵便は郵便物の送付記録がはっきり残りますので、これを使って消滅時効を援用します。

内容証明郵便とは、手紙の内容、日付、差出人、受渡人を郵便局に証明してもらう郵便物です。

借金の時効の権利を援用するためには、このようにして消滅時効のことを相手に対して証拠の残る書類で表明することが重要です。

借金(キャッシング)の時効期間が過ぎていても、こちら側からの証拠の残るアクションが必要ですので、イザと言う時の為の豆知識として覚えて置かれることをお薦めいたします。



| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。